葬儀のマナー

突然の訃報で慌しく葬儀に参列する場合があります。どんなときでも恥をかかないように葬儀に関するマナーを身に着けておきましょう。

サイトトップ >

スポンサードリンク

葬儀のマナー

訃報を聞いたら


訃報というのは予期せぬことが多いです。訃報を聞いてしまったら、遺族から連絡をもらったのか、遺族以外の人から連絡をもらったのかによって、対処の仕方が違ってきますので覚えておきましょう。

遺族から、連絡をもらったという場合には、亡くなった人とは、とても近い存在にあったということになると思います。その場合は、遺族から直接連絡がいきますから、すぐにでも駆けつけるのが一般的です。すぐにいくことを伝えて、亡くなった人と対面して、ご家族の精神的な状況を気遣って、何かお手伝いできることがあるか聞いてみましょう。

遺族から連絡を受けた場合には、すぐに駆け付けるのが一般的です。遺族以外の人から連絡をもらったという場合には、亡くなった人の名前と、お通夜が行われる日時、場所、そしてお葬式の日時と場所を確認します。そして忘れてはいけないのが宗教も確認しておきましょう。

連絡を入れていただいた人にお礼を伝えて、誰かの他の人にも連絡をした方がいいのかどうかも確認するといいと思います。最近は携帯電話の普及のともない、かなり広範囲での訃報の連絡が可能になりました。ですから、1度会っただけというような関係の人でも、連絡を受けるケースがあります。

すべてにおいて参列することはありませんが、生前の故人との関係も考え、距離なども考えたうえで、通夜への参列、告別式への参列を判断したうえで行動をとるようにしましょう。どちらに行くかはその人との間柄によって違います。


葬儀のマナー

MENU



スポンサードリンク